読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーモニックチャートで毎日20pips

目標1日20pips。 0.5lot(1万円) 1lot(2万円) 2lot(4万円)

ドル円の今後の行方は

おはようございます。
ハーモニックです。

ドル円の今後の行方についてです。

結論から先に申し上げますと次の3パターンを想定しています。

1.107から107.500円あたり(つまりほぼ今のレート)から
  104円ぐらいまで下落するパターン
2.108円あたりから104.500円ぐらいまで下落するパターン
3.108.500円あたりから105円ぐらいまで下落するパターン

過去の検証をすることは簡単ですが、一番難しいのは未来を
予測することです。
が、それはハーモニックパターンの得意分野でもあります。

誤解があるといけないのでおことわりをしておきますが、今回の
予想をはずしたとしても、それはハーモニックパターンが悪い
のではなく、それを見る、僕の目が間違っていたということです。

詳しく見て行きたいと思います。

まず、ドル円の週足です。
WS000038
※ 画像クリックで拡大します。

3つの矢印の動きは先ほどの3パターンを示しています。

今、市場オープン前の時点で200EMA(紫色線)で抑えられています。
もし、それを超えたとしても直近の高値が107.500円あたりに
あります。

その上には108円あtりに200日線(水色線)やEMA75や今回
下落の出発点でもあるブレイクポイントがあります。

さらにその上には108.500円あたりには下降トレンドラインや
過去に抵抗となった抵抗ラインがあります。
この抵抗ラインは相当固いと思われますので、少なくとも1回は
跳ね返るものと思われます。

次に日足です。
WS000039
※ 画像クリックで拡大します。

日足でもオープン前の現在、200EMAで抑えられています。
先日なかなか抜けなかった107円の壁ですね。
よくあるパターンとしては、今朝に窓明けして一気にこの壁を破って
上昇するパターンがあります。
その場合、すぐ上の107.500円を超えられるかどうかになります。

大口の市場オーダーからも見て行きたいと思います。

現在のオーダー情報です。

108.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い
107.50円 売り厚め
107.10円 超えるとストップロス買い
107.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い、OP11日NYカット

やはり壁としては107円、107.50円、108円となっていますね。
もし、今日、107円を超えると次は107.50円、このあたりで調整
または本格的な下落に移る可能性があります。

売り厚めのオーダーが壁という考えよりも、107.50円になれば
大口の売り仕掛けの「仕込みが完了する」意味合いの方が強いです。

現在、週足と日足の売りのハーモニックダブルサインです。
最強の組み合わせとも言えます。


通常、日足レベルの下落幅は1円から2円程度
週足レベルの下落幅は3円から5円程度です。

最初の結論に対する根拠は以上です。

もし予想がはずれたらごめんなさい。
責任はいっさい負えませんので予めご了承願います(^^)

では本日もよろしくお願いいたします。

※ ブログランキングに参加しています。
  下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです(^^)
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村  
follow us in feedly