読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーモニックチャートで毎日20pips

目標1日20pips。 0.5lot(1万円) 1lot(2万円) 2lot(4万円)

スパンモデル改良版でのHCS的要素

こんにちは。
ハーモニックです。

スパンモデル改良版での下落パターンです。
WS000007
※ 画像クリックで拡大します。

左側の赤枠部分はダマシ?が入っています。
しかし、黄緑色線(以降、基準線と呼びます)は上向きなので
ここでのショートはスルーする場面と回避することができます。

真ん中の赤枠部分は基準線が平行または下向きです。
多少、一度上抜けしていますが跳ね返されて下落しています。
このように、
一度基準線を割り、再び戻って来て跳ね返ってから
再度下落(状況によってはそこが下落の始まり)

HCSでの下落パターンです。

スパンモデル改良版との組み合わせで総合的に判断でき、
精度も上がると思います。

余談ですが、右側の赤枠部分では、赤線(1時間足のミドル)を
割ってからの戻り売りなので、ここは確率の高い戻り売りポイント
です。
損切りもすぐ上のピンク線または赤線を超えたら損切りなので、
「損切る時は小さく、利益は大きく」の損小利大を狙えるポイントです。

ロングと違ってショートの場合は陰線の確定を待っていたら遅い
場合があるので、こう言った場面では逆行した場合の損切り
小さくなる上の方の赤丸でショートしたいところです。

スパンモデル改良版での上昇パターンです。
WS000004
※ 画像クリックで拡大します。

先ほどとは逆ですね。

一度基準線を上抜け、再び戻って来て跳ね返ってから
再度上昇(状況によってはそこが上昇の始まり)

HCSでの上昇パターンです。

これもスパンモデル改良版との組み合わせで総合的に判断
できますね(^^)
 
※ ブログランキングに参加しています。
  下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです(^^)
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村  
follow us in feedly