読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーモニックチャートで毎日20pips

目標1日20pips。 0.5lot(1万円) 1lot(2万円) 2lot(4万円)

欧州基準モードと米国基準モード

おはようございます。
ハーモニックです。

すみません、2回続けて予想を外したので今日は予想はやめておきます。
今日は値動きについて行くと便利な言葉を使わせていただきます(^^)

この1,2週間にわたって欧州基準モードと米国基準モードとどちらが
自分のトレードに有利かを見て来ました。

結論を先に述べますと、やはりHCS推奨の米国基準モードの方が有利
と判断し、これからは基本的に米国基準モードのチャートを使用します。

僕の知る限りではデフォルトで欧州基準モードのMT4が多い理由が
わかりませんが、やはり世界の基準は欧州ではなくて米国だなぁと
思ったのが率直な感想です。

今回、次の3点より米国基準モードの方が有利と判断しました。

1.ローソク形状(4時間足以上)
2.フィボナッチPIVOTの位置
3.フィボナッチターゲットの位置

当初は上記の1.と2.についてのみ検証していましたが、途中で
フィボナッチターゲットの位置も異なるのに気づきました。

1.ローソク形状(4時間足以上)

米国基準モードの現在の4時間足です。
WS000028
昨夜は陽線を挟んだ後の連続陰線ときれいな形をしていますが、
欧州基準モードのローソク形状は次のようになり、エントリーの
判断が出来ないです。
WS000029
ハーモニックパターンを使うにあたって米国基準モードの方が
圧倒的に有利です。

2.フィボナッチPIVOTの位置
(3.フィボナッチターゲットの位置)

これも朝に画像サンプルを取ろうと思ってたらどちらも位置が
更新されていましたので画像サンプルはなしです。

昨夜は欧州基準モードで見ていて、ピンクゾーンやフィボナッチ
ターゲット1まで下落するのを待っていましたが、そこまで
下がらず上昇してしまいました。

が、米国基準モードではピンクゾーンのほぼ下限まで来ていて、
フィボナッチターゲット2にタッチして上昇しています。

つまり昨夜は米国基準モードで見ていたら絶好のエントリーチャンス
でした。

このフィボナッチPIVOTとフィボナッチターゲットに関しては
逆のケースもあるので微妙ですが、それでも米国基準モードの方が
有利なような感じです。

以上がこの2週間近くの僕の検証結果です。

※ ブログランキングに参加しています。
  下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです(^^)
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村  
follow us in feedly