読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーモニックチャートで毎日20pips

目標1日20pips。 0.5lot(1万円) 1lot(2万円) 2lot(4万円)

エントリーしてはいけないハーモニックサイン

おはようございます。
ハーモニックです。

夜中の2時頃にイベントが集中しているので、もしかしたら夜中に
大きく動くかも知れないと思っていたのですが、途中で眠くなって
しまい寝てしまいました。

朝方の4時前、目が覚めてベッドの中からスマホドル円のチャート
を見ると目が覚めました。

これは、「エントリーしてはいけない」ブログ記事が書けるなと(笑)

ドル円の1時間足、30分足、15分足です。
WS000007
※ 画像クリックで拡大します。

ハーモニックサインがきれいですね。

「ハーモニックパターンの成功率は90%以上」とか文言を見ただけの
方とか知識の浅い方は全ての時間足でハーモニックサインが出ているから
間違いなく下がると思ってここでショートします。

100%はないので、もちろんここから急落する可能性もあるわけですが、
いつもそんなことをしていたら「退場」の2文字が近づいて来ます。

まず、1時間足のハーモニックサインを見てください。
まだ陰線が1つも出ていません。
また、陰線が出た後、2段上げ、3段上げがあるとしたらどこまで上に
持っていかれるかわかりません。

さらに今の時間帯(夜中)はNY時間です。
NY時間の特徴としてはトレンドが発生しやすく、特に大きなトレンドが
発生した時はこのようにほとんど押しがありません。
つまり逆張りのショートをしたとしても、逆行してナンピンして押したところ
で逃げようと思っても許してもらえません。

大きなトレンドがどうか区別できない方でも、僕はこう言ったリスクを避ける
為、普段から、

1.上げ初日はエントリーしない
2.必ず落ちるための条件である陰線を挟んでいること


をルールとして説明しています。

さらに付け加えるならば、「NY時間の逆張りは細心の注意を払う」です。

※ 僕は初心者の頃、過去に何度も痛い目に合っています。

こう言う場合は、4時間足まで上昇トレンドになっているので、下位の
時間足である、5分足や15分足で逆張りのロングをします。
つまり上位足から見たらトレンドフォローですね。

ポイントは1発目の下げでエントリーすること。
具体的には、5分足、15分足のミドル20MAやボリバン-1シグマ、
-2シグマでロングまたは、15分足、1時間足のボリバン+1シグマ
でロング等です。

2発目、3発目となるに比例して成功確率は落ちて行きます。

あるいはエントリーしないで、翌日の2段上げ、3段上げを見て
ショートエントリーするかです。

逆張りトレーダーの僕でも、大きなトレンドが発生した初日は
トレンドフォローに転身します(^^)

※ ブログランキングに参加しています。
  下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです(^^)
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村  
follow us in feedly