読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーモニックチャートで毎日20pips

目標1日20pips。 0.5lot(1万円) 1lot(2万円) 2lot(4万円)

ハーモニックサインの特性

ご購入様用
こんばんは。
ハーモニックです。

今回はハーモニックサインの特性についてです。

ユーロ円の4時間足です。
WS000022
下の赤丸部分の位置でハーモニックサインが点灯したとします。

「ハーモニックパターンの反転確率は95%以上」とかいった巷で
の噂を鵜呑みにした人がこの時点で、
「ハーモニックサインが出たからショート」
すると、今回は最後には下落したからいいものの、それでも50pips以上、
上に持って行かれています。

「なんだハーモニックパターンってリペイントするのか、使えねぇ!!」
とその人は思っても不思議ではありません。

僕はどう見るかと言いますと、ハーモニックサインが点灯し始めた、
少なくともあと4時間は上がり続けるな(4時間足なのでローソク1本が
4時間分ですね)と思います。

何度かブログの記事で書いていますが、
「高値ブレイク後のローソク1本はスルー、2本目以降からエントリーを
考える」
です。

ハーモニックサインが点灯し始めたとは言え、上昇圧力が強ければ
もっと上にローソクがのびた時点でハーモニックサインが消えること
だってある
訳です。

ですからローソクが確定した時にハーモニックサインが出たままに
なっていたら、初めて「ハーモニックサインが点灯」となります。

ハーモニックサインはよく商材で売られているような、
「サインが出たら売りましょう、買いましょう」と言ったサインツールでは
ありません。

強いて言えば、
「このあたりで反転するかも知れないので、近くに抵抗体がないか確認
してください

とお知らせしてくれる「お知らせツール」です。

そしてそのエリアを通過すると、また反転しそうなところがないか再計算
します。
これが、先ほどの上昇圧力が強いとハーモニックサインが消えるの現象に
つながります。

ある意味、一度消えてから再度ハーモニックサインが点灯した時はさらに
下落確率が高くなっている可能性があるのでチャンスとも言えます。

これらのハーモニックサインの特性を知ってトレードするのと知らないで
トレードするのとは雲泥の差があると思います。

この考え方は全時間足で共通です。

※ ブログランキングに参加しています。
  下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです(^^)
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村  


僕も口座を持っています。
レバレッジ888倍。今なら5000円のボーナス+15000円のキャッシュバックがもらえます。
XM 口座開設